息子との時間



冬休みに入る前に息子が学校からチラシをもらってきた。
定期的に持ってくる何度も見たことにあるものなんだけど、

だんだん読める漢字が増えてきた息子が
「お母さん、これ、『勾玉作り』に行きたい」
と自分から言ってきた。

珍しい、というか初めてだ、自分から言ってくるのは。
(娘はけっこうあったのよ)
これは叶えてやらねば、と電話で申し込み、
今日熊本県立装飾古墳館へ行ってきた。
実は私も行くのは初めて1時間20分ほどかかって到着。

画像
               着いてみたら敷地内に古墳が

画像
                これが配られます

琥珀についての説明、
勾玉についての説明、
作る手順についての説明ののち

画像
                  さあ、削ります

目の粗いやすりで大まかな形を整えて、
面取りをして角をなくし、
細かな目のやすりで傷をとり、
更に細かなやすりで研くように仕上げます。

ここまでで約1時間。

画像
              最後にワックスで磨いて艶をだして

画像
                  完成でーす

途中で飽きることもなく、結構集中してやってました。
内側のカーブとか少し手伝ってはあげたけど、ほぼ自力で完成。

感想のアンケートに
「むずかしかったけど楽しかったです。
 またしたいです」
と書いていた。そりゃよかった。


最近、夫が入院していたこともあり
娘の送迎など移動すべてに息子も付き合わせていた。

息子だけの予定に息子と2人で出かけるのは久しぶり、
というかこれまであったっけ。
ジブリ展も子ども2人とも連れてったしね。

「ついで」ではなく息子だけに時間を使うのは
考えてみたらなかったなあ。
男の子だし、べらべらおしゃべりしてくれるのもあと数年か。
またイベント探して出かけよう


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック