最後の授業参観



昨日は娘の中学生活最後の授業参観でした。

熊本地震もあり、
娘の通う中学校では防災教育に取り組んでいます。

特に入学してすぐに地震に遭った娘たちは
3年間通して学びを深めてきました。
ちょうど今日の新聞にも記事が
画像



昨日の授業参観も防災学習でした。
『災害協力シミュレーションゲーム ダイレクトロード内陸の町』という
神戸市が作成したグループワークトレーニングの1種
だそうで保護者も参加させていただきました。

与えられた情報から何ができるのかを考えるのだけど
コニュニティーの関係ができている前提。
これから知らない街で暮らすことになった時に是非役立ててほしいなあ。


授業参観の後はPTA総会と学年懇談会と続きました。
その中で防災担当の先生から、

3年間通じて防災学習をしてきましたが
大きな地震を経験した子供たちにこれをさせることが
本当にいいのか戸惑うこともありました。

という話がありました。
そうだよなあ、つぶれた家からはい出した子もいたもんなあ。


その他、卒業式の日程や
受験に関することなど、それから退任式も。

もうすぐ終わりだと実感。
3年間。感慨深い。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック